第9回 サウス ディオーネ 宮原 臣佳 選手2013年12月04日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】
[1]勝つには選手の個々の能力だけではない、と伝えたかった
[2]3年目の今年は気合が違った
[3]エースで4番を背負って
[4]新たな宮原臣佳を見せます!

新たな宮原臣佳を見せます!


――残念ながら、最多勝のタイトルはアストライアの大田 秀奈美選手に輝きました。相当、悔しかったのでは?

宮原 大田 秀奈美という若い選手よりも、自分は年上としていろいろ苦労も経験もしているので、「そこは譲れないな」と強く思っていたんですけどね。彼女も苦労はしていると思いますけど、私の苦労も相当ですから(笑)。

――本当にいろいろな経験をしてきましたよね。例えば2008年、松山で行われた第3回ワールドカップ。宮原さんは最後の最後でメンバーから外れました。神村学園の同級生の中野 菜摘選手、厚ヶ瀬 美姫選手(サウスディオーネ)が大活躍しただけに、あのときは本当に悔しそうな表情をしていたことが、とても印象に残っています。

宮原 あの経験は本当に今でも役に立っていますね。あの悔しさは今でも忘れないし、あれがあったから、今でも頑張れていると思います。あのときは「野球を辞めようか」と本気で考えました。でも、全日本の監督やコーチが声をかけて下さって、「もう一度次を目指そう」と頑張ることができました。あのときのことは今でも忘れられません。

――さて、来年に向けて、このオフはどのように過ごしますか?

宮原 今年は女王決定戦に進めなかった時点で、自分の足りない部分もわかったし、とっても悔しかったので、年末年始は追い込もうと思っていました。本来なら、年末は今年も男子プロ野球選手たちと合同でトレーニングをして、お正月は実家で過ごした後に、年始は鹿児島に帰って、ウエイト中心のトレーニングで、パフォーマンスを上げてから女子プロのキャンプに臨むつもりでした。でも、右ひじ手術をしたので1月までは無理をせずに負担のないトレーニングをして、それから徐々に調子を取り戻していくつもりです。

――来年の体制はまだわかりませんが、相当来年に期する思いがありますよね?

宮原 ありますね。もう、甘えた自分はイヤですから。今年の悔しさは来年に生かさないといけないと思っています。右ひじの手術もして、来季は万全の態勢で試合に臨めます。ファンのみなさんには、「新たな宮原 臣佳」を見せられると思います。もっともっと活躍して、全国の幼い女子球児たちに夢を与えられるように頑張ります。来年も応援をよろしくお願いします!

(文・写真=長谷川 晶一)

このページのトップへ


プロフィール

宮原 臣佳(みやはら・みか)

宮原 臣佳(みやはら・みか)
  • 所属:神村学園(女子硬式) - 倉敷ピーチジャックスレディース(女子硬式) - ドリームス('11・'12)
  • 出身地:奈良県
  • ポジション:投手
  • タイプ:右投右打
  • 身長:169センチ
  • 上記データは掲載時のものとなります。
【関連記事】
第3回 サウス ディオーネ 厚ヶ瀬美姫選手 【2013年インタビュー】
橋本 【高校別データ】
橋本 【高校別データ】

インタビュー

  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora