ティアラカップ京都大会

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.06.08

ティアラカップ京都大会 1日目

6月8日、日本女子プロ野球リーグ2013 ティアラカップ京都大会がわかさスタジアム京都で行われた。

第1試合は3大会連続の決勝進出を狙うサウスディオーネと、初優勝を狙うノースレイアの対戦。
初回、ディオーネは一死三塁から田中幸夏の中犠飛で1点を先制。3回には二死二塁から、2番・早田咲紀の左前適時打で2点目を追加。5回にも四球で出塁した1番・橋本ひかりが、盗塁で二死二塁とチャンスを広げると、再び早田咲紀の左前適時打で3対0。1、2番コンビの活躍で、試合の主導権を手放さなかった。
投げては先発の宮原臣佳が、緩急をいかしたピッチングで相手打線を無失点に抑える好投。
今季2度目の完封勝利をおさめた宮原は
「今日ヒットを許した球は、全部甘いコース。このままでは決勝戦では通じない。明日はランナーを出さないよう、打たせて取るピッチングを心掛けていきます」
と4度目の優勝に向けて意気込んだ。
対するレイアは得点圏にランナーを進めるも、あと1本が出ず。初優勝は次回大会に持ち越しとなった。

第2試合は1点を争う好ゲームを制し、イーストアストライアが5対4でウエストフローラに勝利。2大会ぶりの決勝戦進出を決めた。
先制したのはアストライア。2回表、無死満塁と絶好のチャンスを作ると、8番・中平千佳の左前適時打で1点を先制。対するフローラは2回裏、二死二、三塁から8番・池山あゆ美の左翼線二塁適時打で逆転に成功する。
1点を追う展開となったアストライアは3回、一死満塁で大倉三佳が左中間適時打を放ち再逆転に成功。相手のエラーも重なり、この回4得点を奪った。
フローラが2点を返し、4対5で迎えた6回裏。5番・中村茜の左中間三塁打で同点のチャンスを迎える。ホームで意地を見せたいフローラだったが、6番・小西つどいの左犠飛でタッチアップを狙った中村茜が本塁タッチアウト。最終回も1点差を追いつくことが出来ず、大会連覇はならなかった。

6月8日の結果
わかさスタジアム京都
1試合目:サウスディオーネ 3対0 ノースレイア
2試合目:イーストアストライア 5対4 ウエストフローラ

【女子野球ドットコム編集部】


【関連記事】
ティアラカップ女王決定戦 アストライア優勝! 【ニュース - 女子野球関連】
ティアラカップ神奈川相模原大会 決勝! 【ニュース - 女子野球関連】
前の記事:
ティアラカップ茨城大会決勝!
次の記事:
ティアラカップ京都大会決勝
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora