ティアラカップ仙台大会 1日目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.06.15

ティアラカップ仙台大会 1日目

6月15日、日本女子プロ野球リーグ2013 ティアラカップ仙台大会が仙台市民球場で行われた。

第1試合はウエストフローラと、坪内瞳新監督の初陣に燃える、地元・ノースレイアが対戦。最終回に勝ち越しに成功したフローラが、二大会ぶりの決勝戦進出を決めた。
今大会が初のホームゲームとなったレイアは2回、二死二、三塁から三浦由美子の右前適時打で2点を先制。4回には、堀越のプロ初ヒットとなる右中間適時三塁打で追加点を奪うと、三浦由美子の二打席連続適時打でリードを広げた。
しかし最終回、フローラは一死満塁と絶好の機会を作ると、押し出し四球と2つの適時打で同点に追いつく。なおも二死一、三塁とし、6番小西つどいの左前適時打で勝ち越しに成功。続く7番梅本由紀が右越適時三塁打で8対5と点差を広げた。7回裏、追い込まれたレイアは、小久保志乃の右前適時打で1点差まで迫るも、あとが続かず。坪内瞳監督就任後初の試合だったが初陣を飾ることは出来なかった。

第2試合はサウスディオーネとイーストアストライアが対戦。中軸の活躍でディオーネがアストライアを下し、一回戦突破。ディオーネは四大会連続の決勝戦進出を決めた。
ディオーネは3回、一死満塁から5番田中朋子の左前適時打で先制。続く6番川崎ひかるも中前適時打で続き、相手投手の暴投の間に 三塁走者が返りこの回3点を入れた。
ディオーネ1点追加で迎えた6回裏、アストライアは4番川端友紀の左翼線適時三塁打、5番楢岡美和の右中間適時打で2点を返す。
最終回、ディオーネは田中朋子が中前打で出塁すると、川崎ひかるが右翼線適時三塁打でダメ押しの1点を追加。投げては先発の宮原臣佳が、2失点完投勝利をおさめ、リーグトップの7勝目を挙げた。

6月15日の結果
仙台市民球場
1試合目:ウエストフローラ 8対7 ノースレイア
2試合目:サウスディオーネ 5対2 イーストアストライア

【女子野球ドットコム編集部】


【関連記事】
ティアラカップ女王決定戦 アストライア優勝! 【ニュース - 女子野球関連】
ティアラカップ神奈川相模原大会 決勝! 【ニュース - 女子野球関連】
次の記事:
ヴィクトリアシリーズ東地区第1戦
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora