ティアラカップ仙台大会 決勝

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.06.16

ティアラカップ仙台大会 決勝戦

6月16日、日本女子プロ野球リーグ2013 ティアラカップ仙台大会決勝、3位決定戦が仙台市民球場で行われた。

ティアラカップ仙台大会決勝戦。4大会連続で決勝戦に進出したサウスディオーネと、2大会ぶり2度目の優勝を目指すウエストフローラとの対戦は、1点を争う戦いとなった。
3回、フローラは二死二、三塁と絶好のチャンスを作ると、4番中村茜の右前適時打で二走者が生還し先制。対するディオーネは5回裏、一死一、三塁から8番川畑亜沙美が初球スクイズを決め1点を返すも、フローラ・先発の小西美加の前にランナーをためることが出来ず。越谷大会以来の優勝はならなかった。
フローラは茨城大会以来、2度目の優勝。チームを率いる松村豊司監督は「昨日の逆転勝利で、いい形で決勝戦に臨むことが出来た。エースが投げて4番が打つ。理想の形ですね」と、優勝に沸く選手たちを称えた。

同日行われた3位決定戦では、イーストアストライアとノースレイアが対戦。アストライアが15安打9得点でレイアに快勝。3位を決めた。
アストライアは初回、二死三塁から4番川端友紀の右越適時三塁打で先制すると、続く川保麻弥の死球で一、三塁とし、中平が右前適時打を放ち2点を先制した。その裏1点を返されたアストライアは続く2回、二死走者なしから中野菜摘が中前打で出塁すると、続く三原が左越へ貴重な追加点となる適時三塁打を放ちリードを広げた。
3回にも中平の2打席連続となる適時打で1点を追加したアストライアは、5回、一死から川保麻弥、川端友紀の連続安打で一死一、三塁とすると、またも中平が3打席連続となる適時打を放ち1点を追加、ここから火が付いたアストライアは、大澤、奥田にも適時打が生まれこの回一挙5得点、試合を決めた。投げては先発の大田が6回を5安打1失点に抑える好投で今シーズン負けなしの4勝目。
レイアは今年初となったホーム大会を勝利で飾ることはできなかったが、スタンドに集まった地元ファンからは大きな拍手が贈られた。

6月16日の結果
仙台市民球場
決勝戦:ウエストフローラ 2対1 サウスディオーネ
3位決定戦:イーストアストライア 9対1 ノースレイア

【女子野球ドットコム編集部】


【関連記事】
ティアラカップ女王決定戦 アストライア優勝! 【ニュース - 女子野球関連】
ティアラカップ神奈川相模原大会 決勝! 【ニュース - 女子野球関連】
次の記事:
ヴィクトリアシリーズ東地区第1戦
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora