ティアラカップ埼玉浦和大会 1日目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.07.20

ティアラカップ埼玉浦和大会 1日目

 7月20日(土)、さいたま市営浦和球場でティアラカップ埼玉浦和大会が行われた。

 第1試合は、サウスディオーネが粘るノースレイアから逃げ切り、2大会連続(奈良大会以来)の決勝進出を決めた。
 ディオーネは1点リードで迎えた5回、死球の宮原を1塁におき、続く田中朋子の右中間を破る適時三塁打で1点を追加。さらに橋本のセーフティースクイズで追加点を奪い、リードを広げた。7回にも田中朋子の2打席連続となる適時二塁打で1点を加えたディオーネ。終始試合を優位に進めた。
 田中朋子は「久しぶりに納得のいくバッティングができました。今日は何度もチャンスが回ってきたので、強い気持ちで打席に入りました。結果が出て良かったです。ここ最近、決勝戦で悔しい思いばかりしているので、明日も守備からしっかりリズムを作って優勝を目指します」と決意を口にした。
 投げては先発の宮原が7回途中まで2失点に抑える好投。リーグトップの8勝目を挙げて2大会連続の決勝進出を決めた。なお、ディオーネに入団したシェイ・リリーホワイトは5回に代打で出場、見逃し三振に倒れたがスタンドからは歓迎の拍手が送られた。

 1回戦第2試合は、ホームのイーストアストライアがウエストフローラに勝利。決勝戦進出を決めた。
 アストライアは2回、一死1、2塁のチャンスを作ると、7番指名打者で起用された中島梨紗が、プロ入り初となる中前適時打を放ち先制。6回には、2番三原遥が左前安打で出塁すると、続く3番大倉三佳が左越適時二塁打を放ち追加点を奪う。相手バッテリーのミスと四球で1死2、3塁とチャンスが続くと、6番大澤靖子の右越二点適時打でさらに2点を追加。終盤6回に大きな3点を入れた。
 アストライア先発の大田秀奈美は、最終回に1点を失うも落ち着いたピッチングで今季負けなしの6勝目。お立ち台では「1週間前から先発と聞いていたので、好調のフローラ打線をどうやって抑えるかを考えて練習してきました。声援がとても力になりました」と、スタンドに集まった地元ファンに、笑顔を見せた。
 また、嬉しいプロ初ヒット初タイムリーを記録したアストライア・中島は「全員でもぎとった勝利。次は投手としてチームの勝利に貢献したいです」と、本職への意欲も見せた。
 アストライアは四度目の優勝に向け、明日の決勝戦でサウスディオーネと対戦する。

7月20日の結果
さいたま市営浦和球場
1試合目:サウスディオーネ 5対2 ノースレイア
2試合目:イーストアストライア 4対1 ウエストフローラ

【女子野球ドットコム編集部】


【関連記事】
ティアラカップ女王決定戦 アストライア優勝! 【ニュース - 女子野球関連】
ティアラカップ神奈川相模原大会 決勝! 【ニュース - 女子野球関連】
次の記事:
全日本女子野球連盟4月設立!JABAの加盟団体に!!
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora