ティアラカップ神奈川相模原大会 1日目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.08.17

ティアラカップ神奈川相模原大会 1日目

 8月17日(土)、サーティーフォー相模原球場でティアラカップ神奈川相模原大会の1回戦が行われた。

サウス ディオーネ、サヨナラでウエスト フローラを下す!

 第1試合はサヨナラでサウス ディオーネが勝利。前回大会優勝のウエスト フローラを下し、2大会ぶりの決勝進出を決めた。
 両チーム無得点で迎えた7回裏、この回先頭の4番田中幸夏が左翼線二塁打で出塁すると、ディオーネベンチはシェイに代えて新原を起用。きっちり犠打を決め、1死三塁とサヨナラの好機を作った。

 続く6番橋本ひかりが四球を選び、二死二、三塁と一打サヨナラの場面で打席に入ったのは、ここまで無安打の川畑亜沙美。フルカウントから矢野が投じたストレートを、見事にセンター前へ弾き返し3塁走者が生還。劇的なサヨナラ勝利で、明日の決勝進出を決めた。

 サヨナラ打に川畑は「最後は自分が決める気持ちで打席に入りました。手応え?とても気持ち良かったです」と、お立ち台ではにかんだ。ディオーネ先発の宮原臣佳は、フローラ打線を6安打無失点に抑える好投。完封でリーグ最速の二桁勝利、今季10勝目をマークした。

イーストアストライア、ホーム初優勝へ好発進!

 第2試合では、ノース レイアとイースト アストライアが対戦。1点差を守り切ったアストライアが、三大会連続で決勝戦に進出。ホームでの初優勝に向け、好発進を切った。
 両チーム無得点で迎えた5回、二死満塁と先制の好機を作ったアストライアは、9番中平千佳の中前適時打で走者二人が生還。4回まで無安打に抑えられていた、レイア先発の里綾実投手から待望の先制点をもぎ取った。

 昨季〝恐怖の9番打者〝と呼ばれた中平千佳の勝負強さは今季も健在。17打点は、現在リーグ二位の成績を誇る。「まだホームで優勝することが出来ていないので、明日は絶対に優勝を掴みたい」と、地元・神奈川での優勝を誓った。

 アストライア先発の中島は、5月4日福岡北九州大会以来の白星。「久しぶりの先発、監督からも思い切りいけと言われていた。今日はバックの守りにも助けられました。勝ててすごく嬉しいです」と、プロ2勝目を振り返っていた。

 明日の決勝戦では、イースト アストライアとサウス ディオーネが対戦する。

8月17日ティアラカップ相模原大会の結果
サーティーフォー相模原球場
第1試合:サウス ディオーネ 1x-0 ウエスト フローラ
第2試合:イースト アストライア 2-1 ノース レイア

8月18日の対戦カード
サーティーフォー相模原球場
3位決定戦:ノース レイア 対 ウエスト フローラ
決勝戦:イースト アストライア 対 サウス ディオーネ

【女子野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook


【関連記事】
ティアラカップ女王決定戦 アストライア優勝! 【ニュース - 女子野球関連】
ティアラカップ神奈川相模原大会 決勝! 【ニュース - 女子野球関連】
前の記事:
【インタビュー】ウエスト フローラ 小西美加選手 
次の記事:
ティアラカップ神奈川相模原大会 決勝戦!
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora