第3回女子野球ジャパンカップ 1日目

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.11.03

第3試合 ディオーネ vs 尚美学園大

▲ディオーネ・宮原臣佳

 第3試合はディオーネと尚美学園大の対戦。積極的な攻撃で終始試合のペースを握ったディオーネが8-1と6回コールドゲームで尚美学園大学を下し、2回戦進出を決めた。

 ディオーネは2回、一死1、3塁から江嶋あかりの右中間適時打で先制点を奪うと、続く川畑亜沙美はスクイズ成功。さらに早田咲紀の左前適時打で3点目を奪うと、続く厚ヶ瀬美姫が中犠飛を放ち、初回に4点を先制した。

 3回裏、尚美学園大はこの回先頭の森田が右越三塁打で無死3塁の好機を作ると、一塁強襲適時打を放ち1点を返し4-1。

 4回表、ディオーネは再び一死1、3塁と好機を作ると9番早田咲紀がスクイズ成功。なおも二死2塁とし、続く厚ヶ瀬美姫の打球を相手三塁手が後逸する間に二塁走者が生還し6-1とリードを広げた。

 6回にも宮原臣佳の左前適時打で8点目を奪い、その裏の攻撃を3人で抑えてコールドゲーム。プロの力を見せつけ、2回戦進出を決めた。

 ディオーネ先発の宮原は3安打1失点の好投。「プロとして完封で抑えたかったので、正直1失点は悔しい」と悔しさを滲ませつつも「明日も勝ちにいきたい」と再び闘志を燃やしていた。

(ディオーネ 川口知哉監督)
スクイズに足を活かした攻撃が出来た。プロとして戦う以上、先制点が欲しかったのが正直な所。(宮原投手について)今年1年見ていたので、これぐらい出来ると信頼して見ていた。

(ディオーネ 宮原臣佳 先発投手)
プロとして完封で抑えたかったので、正直1失点は悔しいです。長打を打たれなかったこと、落ち着いて投げることが出来た点は良かったと思います。最後にヒット1本打ててホッとしました。

11月2日の結果
静岡草薙球場
第1試合 アストライア 6-4 平成国際大学

第2試合 フローラ 7-1 アサヒトラスト
※試合時間が1時間45分を越えたため、大会規定により6回で試合終了。

第3試合 ディオーネ 8-1 尚美学園大
※大会規定により、6回コールドゲーム。

【次回の対戦カード】
11月3日(日)第3回女子野球ジャパンカップ 2回戦
静岡草薙球場

≪第1試合≫ 埼玉栄高校 vs ホーネッツ・レディース

≪第2試合≫ アストライア vs 神村学園高等部

≪第3試合≫ 蒲田女子高校 vs フローラ

≪第4試合≫ ディオーネ vs 福知山成美

【女子野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook



【関連記事】
第3回女子野球ジャパンカップ 決勝 【ニュース - 女子野球関連】
第3回女子野球ジャパンカップ 準決勝 【ニュース - 女子野球関連】
次の記事:
W杯4連覇目指す!マドンナジャパンが合同自主トレ
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora