第3回女子野球ジャパンカップ 準決勝

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2013.11.05

準決勝第2試合 ディオーネ vs フローラ

▲川崎ひかる(ディオーネ)

 準決勝第2試合はディオーネとフローラが対戦。フローラが初回に3点を挙げるものの、ディオーネが逆転で勝利。決勝進出を決めた。

 1回裏、3点を追うディオーネは二死2塁から4番宮原臣佳の左前適時打で反撃を開始。続く5番田中朋子の右中間適時三塁打で2対3。1点差に詰め寄る。

 勢いに乗るディオーネはさらに、1回裏二死1、3塁から川崎ひかるの左越適時三塁打で勝越しに成功。

 3回裏にも、ディオーネは無死1、3塁から田中朋子の左前適時打で5点目。4回裏には、二死1、3塁から宮原の右前適時打で6点目。試合を決定付けた。

(ディオーネ 川崎ひかる )
ジャパンカップでは2試合打てていなかったので、何も考えず思いっきり振っていきました。少し上がりすぎたかなと思いましたが、レフトの頭を越えた瞬間はよっしゃー!という思いでした。
頑張りすぎず、平常心でこのままアストライアを倒したいと思います!

11月4日準決勝の結果
静岡草薙球場
準決勝 第1試合 アストライア 12-0 埼玉栄
※規定により、4回コールド

準決勝 第2試合 ディオーネ 6-3 フローラ

【女子野球ドットコム編集部】
ドットコムTwitter
ドットコムfacebook



【関連記事】
第3回女子野球ジャパンカップ 決勝 【ニュース - 女子野球関連】
第3回女子野球ジャパンカップ 2日目 【ニュース - 女子野球関連】
前の記事:
ヴィクトリアシリーズ第7戦 オールイーストJAPAN優勝!
次の記事:
第3回女子野球ジャパンカップ 決勝
  • East Astraia
  • South Dione
  • NORTH REIA
  • West Flora